読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々 東京百景

東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。(「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です)

#039 浅草発 新型特急(2017.03.10)

デビュー前の新型車両が、試乗を兼ねて貸切で運転されることがある。

この日は、東武の「Revaty(リバティ)」なる新しい特急用車両がお試しで走るというので、出発地に近い場所で見送ることにした。

浅草発は9:30と10:27の2回。その2回目を待った。姿を見せたのは、予定時刻の数分後だった。

浅草駅を出た列車は、徐行しながらカーブを進み、低速のまま隅田川を渡る。普通も特急も同じ。

スピード感はないが、遅い方が観察するにも撮影するにも好都合というものだ。

実物のRevatyの印象は、コンパクト、精悍、未来的。

ちょうど先頭部に陽の光があたり、より輝かしく見えた。

f:id:ekimei:20170310103316j:plain

#038 鹿浜橋(2017.03.04)

足立区内での環七通りは、東西を直線状に結ぶ区間がメイン。

その直線が終わる西側にあるのが鹿浜橋。橋は、南西方向と北東方向をつなぐ形、即ち「/」の向きで架かり、この付近では北西から南東へ流れる荒川と、地図上で交差する。

その北西方向を撮ってみた。

奥の高い建築物は、川口にあるタワーマンション。55階建てだが、それほど高くは感じない。

橋からタワーまでは、直線で約2.5kmある。遠くはないが、不思議と距離を感じる。

空は、とにかく広かった。

f:id:ekimei:20170304130100j:plain

#037 上野駅13.5番線(2017.02.26)

上野駅の地上ホーム13番線と14番線の間に、新たなホームと通路ができる。

工事が進められているのは承知していたが、気が付くとほぼ出来上がっていて、実に整然とした印象。

通路はひたすら真っ直ぐで、どこまでも続いていくように見える。

この直線空間、両番線の中間にあるので、「13.5番線ホーム」と呼ぶそうだ。

5月にデビューするクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」は、左の13番線に入るが、お客が乗り込むのは、13.5番線。入口には専用のゲートが設けられることになっている。

この構図で撮れるのは、ゲートができる前までか。

2月27日は、札幌発の最後のカシオペアが13番線に入ってくる。

カシオペアと13.5番線」・・・そんな題の写真も多く撮られることだろう。

f:id:ekimei:20170226164742j:plain

#036 梅ヶ丘駅、午後五時(2017.02.04)

梅屋敷の次は、梅ヶ丘。

羽根木公園で、白加賀などの白梅、紅千鳥などの紅梅を観る。

日は伸びたが、午後五時が近づけば辺りは暮色。夕日を受ける梅もなかなかだった。

列車を待つ間、ホームには日没前の光が射し込む。

しばらく眩しかったが、五時台最初の新宿行きが入ってくる頃には、その光は幾分収まった。

淡い光を背にした列車は、その車体特有の色合いを表出・・・静かな寒色、そんな印象を受けた。

「各停」を表示する背景色の青も鮮やかだった。これも光の加減かも知れない。

f:id:ekimei:20170204170226j:plain

#035 梅屋敷公園にて(2017.02.04)

2月4日、立春

梅を観るにはまだ早いと思いつつも、梅とゆかりのある場所を訪ねることにした。

まずは、京急の梅屋敷。京急蒲田に向かい歩いて行くと、駅名の由来でもある梅屋敷公園に出る。

思いがけず、多くの梅が開花していて、辺りにはその香りが漂っていた。

写真の背景は、京急の高架。電車からは見下ろす格好になる。

車窓からの観梅もいいかも知れない。

f:id:ekimei:20170204141651j:plain