続々 東京百景

東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。(「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です)

#053 変わりゆく新橋駅(2017.06.29)

列車で通ることは度々あっても、外から見ることは最近なかった新橋駅。

久々にSL広場に来たところ、その変わりように大いに驚く。

大屋根の工事については、過去に何度か目にしているものの、いよいよ巨大構造物が姿を現した…そんな印象を受けた。

雨が降りそうで降らなかった日。蒸し暑さを感じる中、厚い屋根はより厚く、重々しく映った。

f:id:ekimei:20170629182943j:plain

#052 国立西洋美術館(2017.06.24)

7月中旬並みの暑さの中、上野公園へ。

お目当ては、「台湾フェスティバル」。ただし、人出が多い上に、陽射しが強く、長居できる場所ではなかった。

そのまま帰ってしまうのは惜しいので、国立西洋美術館に立ち寄る。世界文化遺産に登録されて以降、場内に入ったのは初めてだった。

目に付いたのは、「カレーの市民」(ロダン作)。

重々しい群像が強い日射を浴び、より重厚な印象を受ける。

作品テーマの通り、表情からは苦悩が読み取れるが、それを上回る威厳を感じた。

f:id:ekimei:20170624123444j:plain

#051 新宿西口(2017.06.19)

新宿駅の西口地下、ロータリーからのおなじみの光景を撮る。

SUBARUの広告物に今は時計がないので、時刻を証明できる写真にはならないが、この明るさで実は19時過ぎ。

梅雨の合間、かつ、夏至の週・・・空に青さが残る19時台の写真が撮れるチャンスは案外限られている。

撮れるだけ撮っておこうと思う。

...夏至の当日は、雨の予報。

f:id:ekimei:20170619190421j:plain

#050 日本橋(2017.06.01)

神田鐵道倶楽部」なる「鉄道バル」がオープンするというので、自転車で神田駅に繰り出す。その延長で、三越前日本橋にも寄ってみた。

当の日本橋に着いたのは19時過ぎ。ちょうど車の通行が途切れたタイミングで、橋をメインに撮ることができた。

こうして見ると、日本橋というのは結構幅広なのがわかる。

同じく幅のある高速道路がその上を横切る。

板状の面には、橙や白などの照明が反射して、景観に彩りを添えるよう。

間接的な光の演出、その好例だと思った。

f:id:ekimei:20170601190530j:plain

#049 初夏の陽気とN700A(2017.05.28)

日曜、15時半頃。6月下旬並みという気温の中、有楽町駅の東口に立つ。

駅前ではちょっとしたイベントがあり、人が集まる。その分、熱気も増し、暑さがこたえた。

そこへ下りの新幹線・・・N700Aが涼しげに通り過ぎる。

青のラインは、一服の清涼剤。線を目で追う間は、暑さを忘れることができた。

f:id:ekimei:20170528152944j:plain