続々 東京百景

東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。(「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です)

#058 表参道の光彩(2017.08.05)

土曜の夜7時過ぎ。

原宿駅に向かって表参道を歩いていると、煌びやかな中にも落ち着いた感じの建物が目に留まる。

表参道の雰囲気というのは、こうした建物が醸す光や色が重なってつくられるのだろう。

左は、原宿クエスト。照明が少ない分、トーンは暗め。街路樹も黒々していて、夜空の群青を際立たせる。

建物、街路、街灯、樹木・・・こうした要素が互いに引き立て合う中で、その街の光彩が表出するのだと思う。

f:id:ekimei:20170805191444j:plain

#057 青山のアオ(2017.08.01)

表参道駅で降りるのも、青山通りを歩くのもかなり久々。

スパイラルホールの前の出口から表に出ると、未来的な印象の複合商業ビルが目に入った。

ビルの名称は、「Ao」(アオ)。

低層と高層の二棟から成る。高さは違うが、窓周りのデザインは共通。オープンからすでに8年以上経っているそうだが、今なお斬新だと思う。

ここはかつて、表参道の高級感を支えてきたスーパー紀ノ国屋があった場所。

高層建築物を見上げつつ、かつての紀ノ国屋を思い返す。

最後に訪れたのはいつだったか... 随分と昔の話になってしまったのは確かだ。

f:id:ekimei:20170801124108j:plain

#056 下板橋カーブ(2017.07.20)

朝9時頃、所用で東武東上線下板橋駅に足を運ぶ。

ホームで上り列車を待っていたら、不意に濃い青色の列車が通り過ぎて行った。

「フライング東上号」のリバイバル編成・・・またの名を「青い鳥号」という。

あわてて撮ったので、車両の輪郭がぼやけているが、往年の列車の復刻という意味では、この方が趣が感じられていいかも知れない。

背景の階段状の建物は、この角度だと一体に見えるが、実は三棟のマンションが重なったもの。

行楽列車「フライング東上号」が現役だった1949~1967年には、下板橋駅とそのカーブは変わらなくとも、こうした高層建築物はなく、空が広く見えたに違いない。

同じ構図で写真を撮れば、「青空と青い鳥号」といった表題も十分あり得たと思う。

f:id:ekimei:20170720090049j:plain

#055 西新橋の夕照(2017.07.19)

梅雨明けが宣言された日の夕刻。

外堀通りを西新橋交差点に向かって歩いていると、その先の西の空が紅くなっていて、ふと足が止まる。

その色は、仄かだが強い。

残照は建物にも投影し、紅が一帯に広がる。

この感じだと、明日も晴れ。暑さも厳しくなりそうだ。

f:id:ekimei:20170719190742j:plain

#054 雨中のサンシャイン60(2017.07.04)

19時頃の板橋駅。空はまだ明るかった。

台風3号が近づく中、雨は少しずつ強くなる。ホーム南側から望むサンシャイン60も雨で霞む。

ただ、そのおぼろげな中でも、存在感は十分。それがランドマークというものだろう。

撮り終えて、下り列車に乗る。雨はその後、20時台に激しさを増した。雷鳴も響いた。

その時間帯、サンシャイン60はどのように見えたのだろう?

いや、雨にかき消されていたかも知れない。

それほど強烈な雨だった。

f:id:ekimei:20170704190238j:plain