続々 東京百景

東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。(「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です)

#076 ビルの谷間、大手町の夜空(2017.12.04)

大手町界隈を行き当たりばったりで移動していると、どこにいるのかがわからなくなることがある。

高層ビル*1が集まり、それらの下が公開空地のようになっている場所にふと行き着く。

見上げると、区画整理されたような空。

そんな窮屈な感じの空から、雨粒が落ちてきたのは数分後のことだった。

f:id:ekimei:20171204182919j:plain

*1:建物は時計回りに、KDDI大手町ビル、星のや東京、大手町フィナンシャルシティ「グランキューブ」

#075 旧中山道仲宿交差点角(2017.11.29)

自転車で走りやすい道を探っていると、どうやら旧街道がいいらしいというのがわかってくる。

北区と板橋区の境界にあたる道を南下していると、途中から旧中山道に入る。

都営三田線の駅で言うなら、板橋本町から板橋区役所前にかけての1km余り。この区間は、多少の起伏があるだけで、至って走りやすく、実に快適だった。

板橋区役所前駅に近い場所に、仲宿エリアと板橋宿エリアを分かつ「旧中山道仲宿交差点」がある。ひと休みしつつ、その板橋宿側を何気なく撮ってみた。

旧街道の佇まいとはまた異なる趣。程よく鄙びた感じの珈琲店が目を惹く。

店名は「CADOT」(カド)。交差点の角ゆえの名称ということで間違いなさそうだ。

この角を起点に旧街道を進むと、概ね1.1kmで板橋駅前、2.2kmで都電荒川線の庚申塚、3.3kmで巣鴨駅に出る。

里程の目安としても使えそうな店だと思う。

f:id:ekimei:20171129095150j:plain

#074 六ツ又陸橋からの眺め(2017.11.26)

目的地の住所が不確かだったせいで、池袋界隈を大回りすることになってしまった日曜夕方。

16時頃に歩いていたのは、山手貨物線と山手線に架かる六ツ又陸橋だった。

西の空にはすでに暮色が入り、その反射が「健康プラザとしま」の壁面状の硝子に映る。

空も明るいが、その硝子面がまた眩しい。

対照的に線路は暗く、清掃工場の巨塔も影が直立しているかのよう。

時間がずれていたら、このようなコントラストにはならなかったかも知れない。

大回りの成果だと、今は思う。

f:id:ekimei:20171126160222j:plain

#073 国立施設の輝き(2017.11.22)

比較的近所にある施設というのは、いつでも行けると思っている分、意外と足が向かないもの。

意を決して、桐ヶ丘から十条に向かう道を自転車で走ってみることにした。国立スポーツ科学センターは、その道中にある。

北区にある国立施設の中では、大いに目立つ存在だと思う。

威容を誇るその建造物は、朝の陽射しを受け、より輝かしく、かつ誇らしく映った。

道路はこの辺り、西が丘に入ったところから「ROUTE2020 トレセン通り」という愛称が付されている。

ルート上のランドマークであることは勿論のこと、このスケール感からすれば、十条・赤羽エリアの一大スポットと言ってもいいくらいだろう。

もっと早く見に来るべきだった、そう思った。

f:id:ekimei:20171122084640j:plain

#072 平和の森公園(2017.11.14)

新宿に来たついでに、西武新宿線探訪に出ることにした。

めざしたのは、連続立体交差事区間(中井~野方)にある駅の一つ、沼袋。

いずれ地下化されるその駅の南口は、商店街が続く北口と異なり、閑静な佇まい。

妙正寺川を越えると、道は坂になり、その坂に接するように平和の森公園が広がる。

木々や舗道に秋らしい色合いを感じる。

聞こえるのは、落ち葉が地面を滑る音くらい。

静けさが印象に残る公園だった。

f:id:ekimei:20171114123219j:plain