続々 東京百景

東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。(「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です)

#091 電車の見える公園と電車(2018.04.12)

朝方、自転車で環八通りを西進し、板橋区と練馬区の境まで来る。 区境は、環八が東武東上線と交わる辺り。車やバイクは、線路下のトンネル区間を通る。 自転車や歩行者は、環八の上を進む形になるが、そこに踏切はなく、跨線橋*1を使うことになる。 その跨線…

#090 板橋、石神井川、満開の桜(2018.03.27)

旧中山道を自転車で往けば、石神井川に架かる「板橋」を通る。 沿道屈指の桜の名所とあれば、足を止めない訳にはいかない。 三月の最終週で桜はすでに満開。 枝ぶりのいい桜が競うように咲き誇り、月曜から毎日のように楽しませてもらっている。 木曜になる…

#089 東京ミッドタウン日比谷(2018.03.26)

出勤前、自転車で日比谷通りを走る。 日比谷公園の近くに来ると、どことなく違う空気が感じられ、見上げると高層の建築物。 「東京ミッドタウン日比谷」…その名前が出てくるのに時間はかからなかった。 グランドオープンは3日後だが、すでに街のランドマー…

#088 間もなく代々木上原(2018.03.11)

小田急線の複々線区間が全面開業した後、そのメリットを活かしたダイヤ改正が行われるまで、2週間という期間が設けられた。 その「慣らし運転」とも言える最中の日曜日、千代田線に直通する急行に、下北沢から乗った。 かつて、下北沢~東北沢は地上で複線…

#087 これより不忍通り(2018.03.03)

椿山荘の近くにある野間記念館で展覧会を観た後、目白通りをひたすら西へ歩く。 目白駅までは約2km。途中、文京区と豊島区の区境を通る。 区境付近には三差路(目白台二丁目交差点)がある。一本は、目白通りから分岐するように延びる不忍通り。 千石、千駄…

#086 高輪いちょう坂(2018.02.25)

2月25日は、京浜急行の創立記念日。120周年にあたる当日、京急全線で使える「優待乗車証」などが沿線10か所で配られ、その一つ、ウィング高輪へ出かけた。 20分余り並んで乗車証を手にし、その場を後に。広い場所に出ると、なだらかな坂が目に入っ…

#085 環七から望む三複線(2018.02.13)

東十条から十条方面に向け、環七通りを進む。 その方向だと上り坂になり、京浜東北線、東北本線など、JRの三つの複線を越え、台地に出る。 三複線の様子を撮ろうと構えていたら、偶然にも珍しい車両が向かって来た。 それはE655系「和(なごみ)」。 …

#084 柴又帝釈天(2018.02.03)

土曜の節分。せっかくなので、午後に行われる豆撒式などに出かける。 これまで節分会では訪ねたことのなかった寺社にしようと思い立ち、柴又帝釈天に向かった。 開会は14時から。境内には10分前に入った。 すでに大勢の人達で賑わっていたが、どこか張り…

#083 ミッドタウン・ガレリア(2018.01.27)

久し振りに東京ミッドタウンを訪ねる。 外は風も強く、かなりの寒気だったが、建物に入れば至って穏やか。気分も和らぐ。 ガレリアは、4層分の吹き抜けが特徴。細い水柱を円柱状に並べ、滝を表現したという「ツリーシャワー」も目を惹く。 吹き抜けに注ぐ光…

#082 雪舞う九段下(2018.01.22)

予報通りだったが、予想以上だった月曜の雪。 雪道をできるだけ歩かずに済むよう、九段下駅から帰ることにした。 軽い粉雪も、強風に乗れば重さを得る。 そして、上からでも横からでも、そこにあるものを白くしてしまう力を持つ。 駅名の看板を見て、その威…

#081 巣鴨駅(2018.01.09)

JR巣鴨駅を見ながら白山通りを進む。 山手線などの線路は橋の下を通るため、ここでは東も西も視界が開ける。 それなりに雨が降った翌日の朝。 空はいつも以上に青く感じた。

#080 本郷通り(2017.12.11)

19時過ぎの本郷通り。東大の赤門辺りから、本郷郵便局の方向を撮る。 12月上旬はまだ黄葉をまとっていた街路樹。樹々が織り成す景観をテーマに撮ったのだが、目立つのは街灯の暖色の方だった。 その光は、望遠鏡で捉えた巨星や球状星団のよう。間隔は変…

#079 日没前の環七通り(2017.12.10)

自転車で中野区に入り、丸ノ内線の車両基地イベントでゆったりと午後を過ごした帰り。 帰路の選択肢はいくつかあったが、方南町から素直に環七通りを北上することにした。 ポイントは、環七通り沿道の景観を日没前にどこまで押さえられるか... 結果的には…

#078 花園神社(2017.12.10)

自転車で飯田橋へ。外堀通りに入れば、千代田区から新宿区になる。 市ヶ谷で交わるのは、靖国通り。アップダウンはあるが、この通りを西に進めばいずれ新宿に出る。 道中、合羽坂や富久町などで足を止めつつだったため、新宿五丁目の交差点付近に着いたのは…

#077 白い博物館と白い列車(2017.12.09)

両国駅の3番線で、サイクルトレイン「BOSO BICYCLE BASE」(B.B.BASE)の展示会*1があった。 総武線のホームで構えると、背景には江戸東京博物館が入る。 白い大きな博物館と、白を基調にした列車。 年明けからは、土日を中心にこの構図が再現される。 両国…

#076 ビルの谷間、大手町の夜空(2017.12.04)

大手町界隈を行き当たりばったりで移動していると、どこにいるのかがわからなくなることがある。 高層ビル*1が集まり、それらの下が公開空地のようになっている場所にふと行き着く。 見上げると、区画整理されたような空。 そんな窮屈な感じの空から、雨粒が…

#075 旧中山道仲宿交差点角(2017.11.29)

自転車で走りやすい道を探っていると、どうやら旧街道がいいらしいというのがわかってくる。 北区と板橋区の境界にあたる道を南下していると、途中から旧中山道に入る。 都営三田線の駅で言うなら、板橋本町から板橋区役所前にかけての1km余り。この区間は…

#074 六ツ又陸橋からの眺め(2017.11.26)

目的地の住所が不確かだったせいで、池袋界隈を大回りすることになってしまった日曜夕方。 16時頃に歩いていたのは、山手貨物線と山手線に架かる六ツ又陸橋だった。 西の空にはすでに暮色が入り、その反射が「健康プラザとしま」の壁面状の硝子に映る。 空…

#073 国立施設の輝き(2017.11.22)

比較的近所にある施設というのは、いつでも行けると思っている分、意外と足が向かないもの。 意を決して、桐ヶ丘から十条に向かう道を自転車で走ってみることにした。国立スポーツ科学センターは、その道中にある。 北区にある国立施設の中では、大いに目立…

#072 平和の森公園(2017.11.14)

新宿に来たついでに、西武新宿線探訪に出ることにした。 めざしたのは、連続立体交差事業区間(中井~野方)にある駅の一つ、沼袋。 いずれ地下化されるその駅の南口は、商店街が続く北口と異なり、閑静な佇まい。 妙正寺川を越えると、道は坂になり、その坂…

#071 インパクトある高層ビル(2017.11.14)

西新宿の高層ビル街を歩いていたら、何やらインパクトのある巨獣がビル壁に描かれているのが目に留まった。 描かれていたのは「ゴジラ」。 関連する映画が先だって地上波初放送され、その盛り上がりが話題になっていたこともあり、タイムリーだと思う一方、…

#070 御徒町の新館(2017.11.09)

上野松坂屋の南館がなくなった後、しばらく来ない間に新しい建物ができていた。 見上げても高層部分がわからない。 あとで調べたら22階の高さ。上野・御徒町エリアではかなり高い部類だと思う。 高層ビルの名は、「上野フロンティアタワー」。 6階までの…

#069 成城学園に続く道(2017.11.03)

2017年は、成城学園創立100周年。 文化の日には、恒例の文化祭が開かれるので、節目の年にあわせて訪ねることにした。 成城学園前駅から北に進むと、イチョウ並木の道に出る。 右に曲がれば、学園の正門(大学入口)に通じる。 並木の奥、「SEIJO FESTIVA…

#068 中央公園文化センター(2017.10.30)

2週続けての週末の台風、そして月曜の青空。 空の青が映えるであろう白い建物がある場所に寄ってみた。 北区有数の広さを誇る中央公園には、その白さで名高い文化センターがある。 建物の歴史は決して明るいとは言えないが、外観を見る限りでは、実に燦然と…

#067 台風一過@一ツ橋交差点(2017.10.23)

10月中旬以降、日中に青空が見られたのは、12日、18日... 台風21号が去った23日は、久々に青い空が広がった。 14時前、風はまだ強かった。 雲は不思議と悠然としていて、風の流れを感じさせなかった。 空の青がより明瞭に見えるのは、雨と風…

#066 大崎広小路の空(2017.10.09)

10月9日、東急池上線が終日乗り降り自由という一大イベントがあり、乗じさせてもらった。 帰りは、五反田まで出ずに、手前の大崎広小路で下車。五反田までは400mほどなので、散歩するにはちょうどいい。 駅を出ると、山手通りをまたぐ池上線の高架が目に…

#065 旧古河庭園(2017.10.01)

10月1日の「都民の日」で入園無料になる施設の一つ、旧古河庭園に足を運んだ。 秋のバラにはまだ早いと思われたが、花盛りのものもそれなりにあって、その色、香りを楽しむことができた。 洋館前の一角では、ピンクと薄紫を合わせたような色のバラがひと…

#064 滝野川橋梁(2017.09.21)

石神井川に沿って、西へ向かった。 板橋駅方面に出るには、もっと手前で左に曲がる必要があったが、そのまま川沿いに進んだため、埼京線の橋梁の下まで来た。 名称は、付近の地域名からとって「滝野川橋梁」*1。橋の下を流れる川は、あくまで石神井川・・・…

#063 白、青、緑、赤・・・丸の内北口の彩色(2017.09.06)

東京駅丸の内北口を出ると、鮮やかな色彩が目に付いた。 その「色窓」は、日本生命丸の内ビルの街路に面した部分。 特に、赤、緑、青は見事で、見入ってしまった。「魅入る」という表現の方が合うかも知れない。 調べたところ、「Tokyo2020」のムーブメント…

#062 新河岸大橋からの眺め(2017.09.02)

環八通りから北区の浮間地区に出る時に通るのが新河岸大橋。 その名の通り、新河岸川に架かる橋だが、大橋と呼ぶほどのスケール感はなく、いい意味で通行はしやすい。 橋の中央付近から、東の方角を眺めた。 全体的に暗めだが、右岸のグリーンの照明がアクセ…