続々 東京百景

東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。(「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です)

#066 大崎広小路の空(2017.10.09)

10月9日、東急池上線が終日乗り降り自由という一大イベントがあり、乗じさせてもらった。

帰りは、五反田まで出ずに、手前の大崎広小路で下車。五反田までは400mほどなので、散歩するにはちょうどいい。

駅を出ると、山手通りをまたぐ池上線の高架が目に入る。

複線の高架橋は一体になっているのが当たり前のように思うが、上り、下りで高架が分かれているタイプもある。

高架橋が重厚な色合いを見せる一方で、それらの間から見える空は明るく、清々しかった。

空が西日で紅くなってきたのは、この20分後のことだった。

f:id:ekimei:20171009163348j:plain

#065 旧古河庭園(2017.10.01)

10月1日の「都民の日」で入園無料になる施設の一つ、旧古河庭園に足を運んだ。

秋のバラにはまだ早いと思われたが、花盛りのものもそれなりにあって、その色、香りを楽しむことができた。

洋館前の一角では、ピンクと薄紫を合わせたような色のバラがひときわ目に付いた。

名は「ラ・フランス」。

同名の洋梨と同じ、こちらもフランス*1原産だそうだ。

f:id:ekimei:20171001124940j:plain

*1:そのフランスでは新しい香水が売り出されるのが、10月に入ってからという話がある。日本では、それを受け、10月1日=「香水の日」にもなっている。

#064 滝野川橋梁(2017.09.21)

石神井川に沿って、西へ向かった。

板橋駅方面に出るには、もっと手前で左に曲がる必要があったが、そのまま川沿いに進んだため、埼京線の橋梁の下まで来た。

名称は、付近の地域名からとって「滝野川橋梁」*1。橋の下を流れる川は、あくまで石神井川・・・名称の妙に思いを馳せつつ、橋を見上げ、空を眺める。

今年最後の真夏日*2が予想された日。

空気は乾いた感じで、爽秋と呼ぶにふさわしい日の朝だった。

爽やかな空の下、空色のラインの列車が爽快に過ぎて行った。

f:id:ekimei:20170921084834j:plain

*1:所在地は、板橋区板橋4丁目

*2:結果的に、9/21の東京の最高気温は29.5℃。真夏日にはならなかった。

#063 白、青、緑、赤・・・丸の内北口の彩色(2017.09.06)

東京駅丸の内北口を出ると、鮮やかな色彩が目に付いた。

その「色窓」は、日本生命丸の内ビルの街路に面した部分。

特に、赤、緑、青は見事で、見入ってしまった。「魅入る」という表現の方が合うかも知れない。

調べたところ、「Tokyo2020」のムーブメント創出の一環で、オリンピックを象徴する色を用いたライトアップを展開しているとのこと。(→参考

オリンピックに関わりなく、街を彩る取り組みとして続けていいと思う。

f:id:ekimei:20170906190343j:plain

#062 新河岸大橋からの眺め(2017.09.02)

環八通りから北区の浮間地区に出る時に通るのが新河岸大橋。

その名の通り、新河岸川に架かる橋だが、大橋と呼ぶほどのスケール感はなく、いい意味で通行はしやすい。

橋の中央付近から、東の方角を眺めた。

全体的に暗めだが、右岸のグリーンの照明がアクセントとなり、色みのある光景が広がる。

川面に映る光は、緑と白を混ぜるようにして漂い、揺れる。

この辺りは、川の中央に区境があり、光を湛えたその面は、板橋区になる。

立ち止まった場所は、中央よりやや北寄り。北区になる。

漫然と通り過ぎてしまう区の境界を意識させる。そんな投光、反射だった。

f:id:ekimei:20170902195941j:plain