続々 東京百景

東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。(「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です)

#079 日没前の環七通り(2017.12.10)

自転車で中野区に入り、丸ノ内線車両基地イベントでゆったりと午後を過ごした帰り。

帰路の選択肢はいくつかあったが、方南町から素直に環七通りを北上することにした。

ポイントは、環七通り沿道の景観を日没前にどこまで押さえられるか...

結果的には、青梅通りと大久保通りの間付近で撮ったこの一枚が、日が暮れる前のラストになった。

場所は、高円寺南一丁目。道も空も広さがあり、開放的な気分に浸れた。

環七通りはこの後、約9kmを走行。

次は明るいうちに走りたいものだと思う。

f:id:ekimei:20171210165323j:plain

#078 花園神社(2017.12.10)

自転車で飯田橋へ。外堀通りに入れば、千代田区から新宿区になる。

市ヶ谷で交わるのは、靖国通り。アップダウンはあるが、この通りを西に進めばいずれ新宿に出る。

道中、合羽坂や富久町などで足を止めつつだったため、新宿五丁目の交差点付近に着いたのは12時近く。市ヶ谷を出て、20分が経っていた。

新宿に入れば、見慣れた光景が多いだろうから、信号以外で停まる要素は少ないはず。だが、交差点を過ぎたところで、思いがけず停車することになる。

花園神社の鳥居、その背後の黄葉・・・その限られた空間に入る光の加減がまた佳かった。

参道に向かって一礼し、引き続き西をめざす。

中野区に入るまで、それほど時間はかからなかった。

f:id:ekimei:20171210115911j:plain

#077 白い博物館と白い列車(2017.12.09)

両国駅の3番線で、サイクルトレインBOSO BICYCLE BASE」(B.B.BASE)の展示会*1があった。

総武線のホームで構えると、背景には江戸東京博物館が入る。

白い大きな博物館と、白を基調にした列車。

年明けからは、土日を中心にこの構図が再現される。

両国駅の新名物になりそうだ。

f:id:ekimei:20171209112506j:plain

*1:「B.B.BASE」は、209系を改造した車両。今回のイベント開催日を"1209"にしたのは妙案だと思う。

#076 ビルの谷間、大手町の夜空(2017.12.04)

大手町界隈を行き当たりばったりで移動していると、どこにいるのかがわからなくなることがある。

高層ビル*1が集まり、それらの下が公開空地のようになっている場所にふと行き着く。

見上げると、区画整理されたような空。

そんな窮屈な感じの空から、雨粒が落ちてきたのは数分後のことだった。

f:id:ekimei:20171204182919j:plain

*1:建物は時計回りに、KDDI大手町ビル、星のや東京、大手町フィナンシャルシティ「グランキューブ」

#075 旧中山道仲宿交差点角(2017.11.29)

自転車で走りやすい道を探っていると、どうやら旧街道がいいらしいというのがわかってくる。

北区と板橋区の境界にあたる道を南下していると、途中から旧中山道に入る。

都営三田線の駅で言うなら、板橋本町から板橋区役所前にかけての1km余り。この区間は、多少の起伏があるだけで、至って走りやすく、実に快適だった。

板橋区役所前駅に近い場所に、仲宿エリアと板橋宿エリアを分かつ「旧中山道仲宿交差点」がある。ひと休みしつつ、その板橋宿側を何気なく撮ってみた。

旧街道の佇まいとはまた異なる趣。程よく鄙びた感じの珈琲店が目を惹く。

店名は「CADOT」(カド)。交差点の角ゆえの名称ということで間違いなさそうだ。

この角を起点に旧街道を進むと、概ね1.1kmで板橋駅前、2.2kmで都電荒川線の庚申塚、3.3kmで巣鴨駅に出る。

里程の目安としても使えそうな店だと思う。

f:id:ekimei:20171129095150j:plain